気象予報士

気象予報士試験の合格者数は増加しているのか減少しているのか

毎年2回実施されている気象予報士試験は、合格率が5%程度の難関だとして知られていますが、毎回何人くらいが合格して、全国にはどのくらいの合格者がいるのでしょうか。 気象予報士試験の管理運営をしている一般財団法人 気象業務支援センターが...
気象予報士

気象予報士の受験資格の制限はないと言うけど実は

小学6年生が合格したということで、注目を浴びている気象予報士の試験ですが、受験資格の制限はありません。 しかし、一つだけ受験を拒否する条件が但し書きで定められているのです。 気象予報士の受験資格の制限はないと言うけど実は ...
2019.10.08
気象予報士

気象予報士試験の合格率はなぜあんなに低いのか

誰でも受験できる国家資格として人気が高い気象予報士試験ですが、合格率が5%前後と大変難しい試験として知られています。 過去52回に及ぶ試験の結果を眺めながら、気象予報士試験の合格率がなぜ低いのかについて考えてみます。 気象予報...
気象予報士

気象予報士試験の最年少合格の天才たちはその後どうなったのか

合格率が低くて難しいと言われる人気の資格である気象予報士試験ですが、 受験資格に年齢制限がありません。 調べてみると、最年少の気象予報士試験合格者はなんと小学生でした。 歴史的には、次々に現れる天才少年少女たちによって、最年少...
2019.10.03
気象予報士

気象予報士の最高齢合格者は何歳?これを超える可能性は

受験資格として年齢制限がない気象予報士試験なので、試験会場では高齢者の比率が高いように見受けられます。 私自身も66歳で気象予報士試験に合格して、その回の試験では最高齢合格者でしたが、歴史的には更に高齢の方がいらっしゃいます。 ...
2019.10.03
ビジネス

浜松ホトニクスが4つのノーベル物理学賞に貢献

理論物理学の分野は、一般人にはとても理解が出来ませんが、ノーベル賞を受賞した研究というのは、素晴らしいのものなのでしょうね。 そんなノーベル物理学賞に4回も深く関与している会社が、浜松ホトニクスです。 浜松ホトニクスが4つのノ...
2019.09.30
ビジネス

なぜドリアンは『果物の王様』なのか?

ドリアンと言われても日本ではあまり馴染みのないフルーツですね。 しかし、東南アジアの国々では『果物の王様』と言われて、珍重されています。 果物の女王というと、マンゴスチンやパパイヤ、ラ・フランス(洋梨)、マンゴー、高級いちごな...
2019.09.30
ビジネス

伊勢崎もんじゃの作り方とおすすめの店

伊勢崎もんじゃは群馬県の郷土駄菓子です 『もんじゃ』と言えば、誰しも『月島もんじゃ』のことだと思いますよね。 しかし、ご当地グルメとして、群馬県伊勢崎市に『伊勢崎もんじゃ』という郷土料理、いやむしろ郷土駄菓子と言うべき食べ物が...
2019.09.30
ビジネス

サハ共和国でマンモスを見るならここ!日本人はいるのか。

ロシア連邦を構成する22共和国の一つがサハ共和国です。 サハ共和国の地図 サハ共和国ってどこ、地図で確認しよう ロシア連邦は共和国以外に、連邦市、州、自治州など85の連邦主体がありますが、その中で共和国は、少数民族の自治...
2019.09.30
台風の現象

台風が上陸するとなぜ急速に勢力が弱まるんだろう

強い勢力で日本に近づいてきた台風が、上陸した途端に風速が弱まり、勢力を弱めることがしばしばありますが、上陸した台風が、急速に勢力を弱める理由を考えてみましょう。 台風が上陸するとなぜ急速に勢力が弱まるんだろう 台風にとってみる...
2019.09.30